image hairmakeDuck Tailとは
1950〜1960年代に流行のHairStyleです。
主にリーゼントなど、その他アップスタイルなどで後頭部の中心に髪の毛を集めたスタイル。

その時からアメリカでは、アヒルの尻尾の毛が中心によってることからDuck Tailと命名された。 その当時アメリカでは、ハリウッド スターやミュージシャンなど多くの有名人がこのスタイルを好んだ。例えばジェームス ディーン・エルビス プレスリー・チャク ベリー女性では、オードリー ヘップバーンなどでアップ スタイル(ポニーテール)をしていました。 
その後日本では、このダックテールがたちまち流行になり、そして時代が変わり1980年代の後半に日本では、東京原宿の歩行者天国(通称・ホコテン)に元気の良い粋な若者たちが増え始め、自前のラジカセや洋服などで身をまとい踊りのパフォーマンスを繰り広げ、連日、新聞・雑誌・TVなどで賑わった。その頃に、この踊っている若者達のことを「竹の子族」と呼ぶようになった。この竹の子族と混じり隣で踊っている若者を「ロックンローラー」(通称・ロカビリー)と呼び、体を左右に振りながら踊る「ツイスト」で、エルビスやポールアンカー・チャックベリーなど、1950〜1960年代に流行した曲で踊り、頭を「リーゼント」にしあの当時のダックテールにしていた。
今現在でもダックテールは、色々なStyleにアレンジされ我々の理美容業界のコンテストなどで使用され数多くの優秀賞に輝いている。
image
imageimage



image
コンロウヘアはこちらから